申し訳ございません。現在工事中です。。


日本におけるサービスのはじまり



日本においてサービスという言葉を最初に使ったのは、日本自動車会社の社長石沢愛三である。大正末期に米国を視察した際、米国の自動車販売に「サービス・ステーション」が大きな成果を上げていることを知り日本でもサービス・ステーションを広めようとする。帰国後、取引先関係各社にはがきをだす。文面は「今般、当社は完全なるサービス・ステーションに依り顧客本位の御便宜を計ることに相成り候」。これに対し、「サービス・ステーションという便利なものが到着した由、至急届けてもらいたい」との回答が多数返ってくる。これに困った石沢はサービス・ステーションの和訳を試みるが、辞書には、サービスとは奉仕的なるものとの記述のみであり、外国人にきいても要領を得なかったので、使うのをやめたという。[1]
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


【PR】 体臭サプリメントランキング 日経225 SEO対策 視力回復 方法 キャバ嬢 ダブルインパクト 東京 デートコース

【PR】 「クオンツ運用」など金融系に関する「Q行」の用語は、コチラの用語集Qを参考に勉強してみましょう!